18歳未満の方はご利用いただけません 退出する

子宮開花催眠から脳イキまでのやり方【催眠セックスの技術やってみた動画②】

今回は【催眠セックスの技術をやってみた】という動画のシリーズ第二弾です。

“催眠セックスの技術”とは林貞年先生の著書であり、日本初の催眠セックスに特化した書籍です。性感催眠療法に使える様々な技法が紹介されているので皆さんもよかったら読んでみてください。

これらの技法の中から今回ご紹介するのは、『子宮を活性化させる催眠暗示』です。催眠セックスや性感催眠では定番の技法のひとつです。興奮を高めていく方法は色々とありますが、今回のものは第一弾と同じく比較的直接的な暗示となります。

目次

Youtube動画

各場面のプチ解説

子宮活性化の催眠暗示

子宮を活性化させる催眠の導入

※すでに基本的な催眠導入が終わった段階です。素の状態で催眠暗示を入れても効果が薄いのでご了承ください。

女性は気持ちよくなると子宮周りの筋肉に力が入ったり、熱くなってきたり、ぞわぞわしてきたりという変化が起きます。子宮自体に変化が起きているというよりは下腹部全体や性器周辺というイメージなので、子宮の有無は実は関係はありません。

ただイメージしやすいので子宮という言葉を使っているだけです。性器が活性化するとかでもokです。

今回は子宮が熱くなってくる、動き出してくるという暗示を入れています。筋肉支配から深化させて感覚支配の段階まで来ているので熱に対する変化も感じやすい状態になっていると効果的です。

軽く反応が出てきています。

さらに暗示を追加していく

脚を開かせて子宮を意識させる催眠暗示

女性は気持ちよくなってくると体の内部の変化だけではなく、脚が閉じたり開いたり、腰がのけ反ったりといった反応を見せます。そのような状態を催眠暗示で再現してあげることでより興奮状態が高まっていることを認識させながら、追い込み暗示としてさらに子宮が活性化していくといった暗示を投げかけていきます。

どんどんと反応が大きくなって、いつでもイケる脳イキ状態に変化していきます。

何かしらの刺激を与えて脳イキさせる

子宮活性化からの催眠脳イキ

興奮が高まっているのを感じ取ることができれば、合図を与えて脳イキしてもらいましょう。今回はベタに数を数えていますが、身体に触れるとかなんでも大丈夫です。

最後は気持ちが落ち着いてくるという暗示や、覚醒暗示を入れて催眠を終えてください。

まとめ

催眠セックスのやり方について解説してみました。『催眠セックスの技術』では他にもたくさんの技法が紹介されているのでやってみた動画としてアップしているので良かったら他の記事もご覧ください。

感覚変化や脳イキというと一部の人しかできないと思うかもしれませんが、実は多くの女性が比較的体験しやすい催眠になります。

性感催眠療法は不感症の改善や中イキや脳イキの感覚を身に着けるのにとても有効なので一度ご利用もご検討いただけますと幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる